FXトレードになれてきた頃に気をつけるべきこと

FXは遊びではないこと

FXはギャンブルではないこと

FXをギャンブルとして扱う人はどのような人なのか想像できますか。
答えは簡単です。
それは、FXの基本的な知識、考え方を学ぼうとせず、自分の感覚あるいは勘で取引をしている人たちのことです。
このような取引では、たまたまうまく行くときがあっても、長期的にみると必ず痛い目に遭います。

FXに慣れてくると、基礎的な勉強を怠って、自分の感覚を信じて突っ走ってしまいがちです。
これは少し経験を積んで自分で考えられるようになったことが原因です。
こう思えるということは、自分は少しだけ成長しているという証拠でもあるので悪いことではありません。
しかし、少し慣れてきた人の感覚で勝負しても、それは絶対にうまく行かないというのは明らかなのです。

FXを実力で制すには

以上のように、FXとギャンブルは同じではありません。
しかし、FXがギャンブルになっている人がいることも事実です。
では、どのようにすればFXを実力で扱い、自分の思うような取引をすることができるのでしょうか。

学問に王道なし、ということわざがあります。
ひとつの学問を制すにはひたすらに勉強を積み重ねるしかないという意味です。
実は、FXもこれに当てはまります。

FXの実力をつけるためには、ひたすら基礎知識を学び、経験を積み重ねて考察するしかありません。
これは世界トップトレーダーたちが口をそろえて言うことです。

少し探せば、FXの教科書はいくらでも出てきます。
そのお金と労力を惜しんで遊びに走るか、頑張ってFXを勉強するかはあなた次第です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る